読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただの日常、タダの呟き

誰にも活力を与えない脱力系ブログ

はる

あったかいはるのひ。地元の駅の寂れた居酒屋風スナックに入ることになり。 なぜか。 カウンターで寝ていた。 髪の毛ボサボサの年齢不詳の女性と仲良くなり。 酔っ払って知らないカラオケをただ熱唱。 突然、謎の紳士が現れて、一緒に歌って。 焼きうどんと…

はら

セクハラ、パワハラ、モラハラ、……などなど。 なんとかハラスメント。ってな言葉の略称らしいが。 そもそもハラスメントとは。 人を困らせること、嫌がらせってな意味があるらしい。 言葉の意味はさてさて置いといて。 ただ。 なんでもかんでもハラスメント…

友人に電話をかけようと思ったら。 手元がくるって……。 数年も連絡すらしていない。 知人に不可抗力のワンギリ………。 しばらくすると。 掛け直しのお電話をくれる律儀な知人。 たいして話す用事もなかったハズだか。 元気確認からスタートし。 今なにやってる…

とある社員がいた。 ワガママで、偏屈で、プライド高くて。 どーしようもなくて。 ホント、手のつけようがなかった。 いや。 手のつけようがないと、思うようにしてた。 彼女の愚痴や陰口を散々言ったし。 自分の鬱憤を晴らすネタにしてた。 どんなニンゲン…

駅携帯

駅のホームで。 携帯を拾った。 とりあえず、駅員さんに渡しておくかと。 手にした瞬間。 着信履歴の多さにまず驚く。 そんなコッチのテンポもいざ知らず。 すごい勢いで掛かってくる着信君。 もちろん液晶に映っているのは。 自分のメモリーには、記憶すら…

さん付けで呼ばれるのがあまり得意ではない。 自分が呼ぶのは、全然問題ないのだが…。 自分が呼ばれるのは、やっぱり慣れない。 呼ばれる度に、背中らへんがむず痒く感じる。 もちのろん。 社会や組織で、生きていく以上。 ○○さんっぽく、平静を装う事にはだ…

節分。 豆まき。 鬼は外、福は内。 豆投げる方はそりゃ楽しいけど。 豆投げられる方はそりゃ辛い。 数年に一回は。 オリンピックみたいに。 鬼側のヒト達が、福呼び込むために一方的に豆投げるっていう。 そーいう。 節分イベントがあったら。 鬼もたまには…

積雪に悩まされている地方では…。 雪のことを白魔(はくま)と呼ぶらしい。 最近。 ボクが住む街では。 数年ぶりに大雪が降った。 久しぶりの天気のキマグレに。 ココロが踊り、まるで桜でも愛でるかの様に。 儚く淡い美しささえ感じた。 が、一方では。 雪が…

茶柱

お茶を飲んだら。 茶柱が立っていた。 おっ。 イイコトあるかな。 とか、瞬間的に思わせてくれる。 たかが、一本のお茶っ葉の茎。 たいしてイイコトなんて。 たぶんないのも理解しているのだが…。 勝手に感情を微かに揺さぶってくれる。 そんなステキなお茶…

ヒトゴミ。 これが昔からあまり得意ではない。傍から見れば、自分もヒトゴミという括りの一部なのだが……。どうしてやっぱり苦手だ。 こういう場面に遭遇した場合は。 まず自分より体格のいい人を探す。 んでもって。 その人の頼もしい背中を見ながら付いてい…

ひとちがい

突然。 見知らぬヒトから声を掛けられる。駅で見かけて気になったらしい。 高校の同級生と勘違いしているらしい。 ○○先生の話題が出てくるが、まったく付いていけない。 ○○君の話題も出てくるが、これまた付いていけない。 こういう場合は全然違います、と。…

見知らぬヒトから手を振られたので。 ちょっと嬉しくなって。 思いっきり、手を振り返したら。 振っている対象が背後のヒトだった。 ……というのは、よくある話だから。 そういう場面に出くわしても。 手を振りたい気持ちを一度押し殺して。 会釈程度に留めて…

いつも

いつものコンビニで。 いつもの時間帯に。 いつものルートで。 いつものお買い物。 いつもの店員さん。 いつもの接客。 いつもの朝かと思いきや。 ありがとうございます、に。 いつもの三文字のオマケ付き。 いつもと違うココロほっこり冬の朝。

雨の日。 雨を対象に、愚痴ってるヒトがいると。 なぜか嬉しい雨に責任擦り付けてるヒトがいると。なぜか微笑ましい。 日常起きる身の回りのゴチャゴチャも。 天気のせいに出来たら。 さぞや人生楽しかろうに…。 そんな事を考えちゃうのは。 さては、やっぱ…

もしもし。 あー久しぶり。 ん?うん。 へー。 あーそう。 へー。 うん、いーよ。 ……………。 ま、おめでと。 ………………………。 よかった、な。うん、じゃ。………………………………。 妹みたいな友人が結婚するらしい。ココロの底から嬉しいときは。余計な話題がなくても、会話…

めし

気の合うヒトと食べる飯は。 やっぱ美味い。 味付けがどーとか。 素材がどーとか。 何を食べたか、とかではなく。 誰と食べるか。当たり前なのだが…。 やっぱり、そーいうのが。 一番の美味だ。

恒例

猫はコタツで丸くなる。 毎年恒例騒ぐ新成人たちも。 少しは猫を見習った方がイイかもしれない。 ▼こんなブログに付き合って頂き感謝致します▼クリックして頂くとこんなブログが上位にいきます

昔の同僚と 昔話を肴に 酒を呑んだ。 あんな事も あったなー。 てな会話ばかりなのに、 何故かただ楽しい。 良いことも、 悪いことも。 あったようで、 なかった話に 転換されて 記憶をかすめる。 同僚とは、 愚痴ばかりの お酒だったはずなのに。 環境や立…

遠回り

会社の帰り。 いつもの通りいつもの高校の門の前を通った時。 三人組の女子高生たちが。 気持ち良さげに歌を口ずさんでいるのが聴こえた。 なんの歌かは知らないが…。 気持ち良さげに、ウタを歌う彼女たちに。 懐かしさと羨ましさと、喜びを感じた。 お世辞…

わびさび

車のドアと鍵を開けるバットタイミング。 運転席からニョーンと。 最大限に全身の筋力を使い内側から鍵を開けてもらう度に。 もう一度手元の鍵のスイッチを押してくれ……と。 心の中で祈るが、やっぱり皆様開けてくれる。 「詫びと寂」 日本の美意識を垣間見…

抱負

毎年毎年。 来年こそは、飛躍の年にしたい、と。 言い続けて、かれこれ数年。 実は助走が、足りてない事に、今さら気が付いたので。 今年こそは。飛躍するための、助走距離を長めに確保。 これを目標にがんばろーっと。 ▼こんなブログに付き合って頂き感謝致…

師走

忙しいヒトは、猫の手を借りたがる。 そろそろ。 他の動物の手でも借りてみるのは、どうだろうか。 たとえば。 …………………。 ワニとか。 ▼こんなブログに付き合って頂き感謝致します▼ランキングに参加していますが押すとこんなブログが上位にいきます

そういう日

ヒトの声を 聴きたくない日が。 なんかある。 ヒトの声に ちょっとだけ 嫌悪感を抱く日が。 なんかある。 誰かが喋ってるのがなぜか疎ましい。どーでもいいことをどーでもいい風に。 楽しそうに話している人達に…。距離を置いている自分がタマにいる。羨まし…

久しぶりに、風邪をひいた。 彼是何年も生きていると、すぐに理解できる。 悪寒がする、身体がダルイ。 んでもって。 「喉がイガイガ」する。 ……と、ここで考える。 「イガイガ」って何、と。 んでソソクサ調べてみる。 “トゲによる刺激を感じるさま” なるほ…

正確には

タイクツな顔をしているヒトが好きだ。 いや、正確には…。 タイクツなのに、退屈を隠しきれていないヒトが好きだ。 カナシイ顔をしているヒトが好きだ。 いや、正確には…。 カナシイのに悲しさを隠しきれていないヒトが好きだ。 サビシイ顔をしているヒトが…

冷やし中華

昨日。不意に冷やし中華が食べたくなったので。 お酒の帰りにコンビニに寄って、帰ることに……。 整然と並ぶ、お弁当コーナーの棚から。 特に食欲を誘う感じでもない冷やし中華を選び、レジへ直行。 「イラッシャイマセ」と。 学生っぽいアルバイトの男性が、…

白紙

今朝も。 また痛い感じで、寒かったから。 コタツと結婚したい。 と、そう思った。 あれ? 友人代表の挨拶が。 蜜柑か、猫か、濃いめの緑茶か、はたまた煎餅か。 ちょっと色々揉めそうだから。 結婚を白紙に、戻すことにしました。そんな師走の朝。 ▼こんな…

シュワメリ

昨日。 私の左足の小指は、3箇所からの攻撃を受けた。 ドア、テーブルの角、ベットの端らへん…。 足の小指は、攻撃を受けやすく、防御力が極端に低い。 そのため……。 痛みは、瞬時にして、脳天を駆け巡る。 小指を持ち、痛みに耐えながら、奇声を発する姿は…

ぴえろ

「お前は、バカだ」 幼少期にそんな事を言われ続けるうちに……。 バカを演じていれば、周りが笑ってくれる事に気がつくようになった。 バカを演じていれば、自分が受け入れらている、そんな錯覚に陥った。幼い頃の周囲の環境ってヤツは……。 ソイツの人生に、…

参考書

紺色のサイズが合っていない。 くたびれたブレザーを着た高校生の男子が。 ボクの目の前で参考書っぽいモノを読んでいる…。 電車の真向かいの席だ。 なんとかⅡBってな、いかにも参考書っぽいモノを読んでいる……。 そーだ。 来年の今頃は、センター試験か……。…

ぴすたちお

昨日部屋掃除をしていたら……。中2の頃の使い込まれた大学ノートが出てきた。懐かしやと思い、中を覗いてみると…。「ピス・タチ男」という。キャラを考案し、ひと儲けしようと企んでいた。なるほど…。 ボクは、 成長しないわけだ……。 ▼こんなブログに付き合っ…

50円玉

今朝。 通勤途中の駅のプラットフォームの自販機の前で……。 50円玉がポツリッと、落ちていた……。 「オカネガオチテイル」 そんな現象に遭遇したのは、いつ以来のことだろうか。 たかが50円……。 低学年のボクなら、さっさと拾ってネコババという、 悪事を働い…

このデジタルなご時世に

このデジタルなご時世に。 スキな本を貸してくれたヒトがいた。 そこに綴られた言葉の数々に…。 貸し手の。 好きな色、好きな香り、 好きなモノ、好きな景色…。 そのヒトが歩んできた人生、 感情や想いの全てが 書き綴られていた。 このデジタルなご時世に……

ただのジャー

最近、外食ばかりが続いているせいか。 心なしか私のお腹も、緊張感がなくタルんできた。 そこで、久しぶりに家に帰って自炊をしてみようと思った。 今晩の夕食は、カレーライス。 薄汚れた炊飯器に、無洗米と水道水を流し込み、 ふたを荒っぽく閉め、赤い炊…

げりら

最近よく耳にする「ゲリラ豪雨」。 短時間に狭い地域で降る、雨のことを言うらしいのだが…。 ただ雨降ってるだけなのに、なんとなく響きがカッコイイ。 ………ということで。 今日目にした色々な言葉に、繋いでいきながら、ゲリラの響きを検証してみよう。 ①ゲ…

セキユズリ

僕は席を譲ることに関しては、誰にも引けを取らない。 公園のベンチ、 バスや電車内のシート、 待合室の椅子・・・・・・・。 今まで誰一人として僕の『席ユズリ』を断ったものはいない。 やがて…。 その噂は広がり全国のツワモノどもが 僕に挑んできたが、 …

すいっち

テレビのスイッチ。クーラーのスイッチ。部屋の電気のスイッチ。 何かのスイッチ…。 スイッチは使わないと、置いたと思った場所にはいない。 気づかないうちにどこかに消える。 置いた記憶もない場所に、ふと現れる。 必要な時に、必要とされ。 必要のない時…

真央ちゃんの法則

昨日自分の携帯の着信が鳴った。 電話の相手は……母だ。 着信を出るや否や、 「アンタ真央ちゃんが、真央ちゃんが…」 ……と興奮気味だ。 内容を要約すると…。 1年間の休養を経て、見事復帰を果たした浅田真央選手の話だった。 まるで自分の孫の活躍を喜ぶかの…

衣替え

先日…。 とある事件が起き、私は一つの容疑をかけられた。 アリバイもあったし、特に犯行の動機もない。 そう私は犯人によって、完全に「濡れ衣」着せられた訳だ…。 ただ衣替えの季節ということもあり。 今年の流行色ダークオレンジを採用した、チェック柄の…

オサガリ共和国

私は次男です。 そのため小学校、中学校の時必要なモノを新品で購入してもらった事はほとんどありませんでした。 例えば…。 ビックリマンシールが、大量に張られ、それを無理やり剥がした感抜群の通学カバン。 体育の時間みんな淡い青のカッコいいジャージな…

悲劇とコメディ

辛いことも、悲しいことも。 人生に起きる悲劇は、長い目でみればコメディだ。 チャップリンが、昔そんなことを言っていた。 確かに悲劇は、昔話になれば喜劇に変わる。 酒の席では特に苦労話は、ただの笑い話だったりする。 悲劇自慢は最高の肴だ。 とは知…

オヤジ飯

数年ぶりにオヤジと飯を食う。 「うまいだろ」 自分が作った訳でもないのに…。 オヤジとお店でご飯を食べると、誇らしげにそう笑う。 そーいうのも、ま、悪くない。 ▼こんなブログに付き合って頂き感謝致します▼ランキングに参加していますが押すとこんなブ…

マツツケマツゲ

最近マツゲがよく目に入る。 …と、ここでふと思う。 男と女では、マツゲに対する価値観が全く違うな、と。 そう男の場合、マツゲは鼻毛レベル、それ以下の価値しかない…。 目に入ろうものならば、指で擦られフィッと弾かれる。 入りそう予備軍のマツゲは、一…

乾燥肌

先日自宅で、大家さんに提出するための書類を、家で書いていた時。 書類と書類を ノリで張りつける箇所に遭遇。 私は、せっせとスティックのりを手に、その書類&書類を赤子のように丁寧に張りつけていたのですが…。 何度繰り返しても、その書類が張り付きま…

一家に一台

テレビが一家に一台の時代。 家族で映画を観ていてラブリーなシーンがあると…。 重苦しい雰囲気が、リビングを支配した。 あの蛇に睨まれた蛙状態の空気感。 頭隠して尻隠したいけど、隠せないあの膠着状態。 やる気もないのに宿題をキッカケに逃げ出すか。 …

ググる

ググる、は。言葉として定着しているのに。 ヤフる、は。 どうして、流行らないのか。 その謎を解き明かすため。 結局……ググる。 なるほど、定着する訳だ。 ▼最後までこんなブログに付き合って頂き感謝致します▼ランキングに参加していますが、押すとこんな…

猫背

猫背と言われて、はや数十年…。 最近さすがに。猫にもチョット、悪い気がしてきたので…。 偶然出くわした野良猫に謝罪することに。 結果はもちろん、華麗で鮮やかなスルー。 近い将来。『猫に謝罪』という諺が、追加される事を切に願う。 ▼こんなブログに付…

名前

シルバーウィーク。 …とやらもアッサリ終了。 未だに しっくりこないネーミングに。 あんまり手ごたえのない大型連休感。 キラキラネームは、昭和生まれにはやっぱり受け入れ難いらしい。 ▼こんなブログに付き合って頂き感謝致します▼ランキングに参加してい…

敬老の日

敬老の日。 ばーちゃんに、月の土地をプレゼント。 月に墓を建てる、…と意気込んでいたけど。 「その前に火葬されるか」と、グフフと一人ほくそ笑む。 祖母には一生敵わない、…と心で悟る。 ▼こんなブログに付き合って頂き感謝致します▼ランキングに参加して…

土踏まず

本日、午前七時四十七分。起床と同時に、足裏の土踏まずをつりました。 「痛い」というワードでは表現しきれないほどの衝撃。 ベッドの中… 小さく前ならえした状態で、約五分間痛みのため制止。 今、カニとじゃんけんしたら確実に僕は負けるに違いない。 と…