読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただの日常、タダの呟き

誰にも活力を与えない脱力系ブログ

ひとちがい

 

突然。


見知らぬ
ヒトから
声を掛けられる。


駅で見かけて
気になったらしい。


高校の同級生と
勘違いしているらしい。


○○先生の
話題が出てくるが、
まったく付いていけない。


○○君の
話題も出てくるが、
これまた付いていけない。


こういう場合は
全然違います、と。

全否定するのは、
やっぱり心苦しいので。


数分でも
誰かと勘違をし、
懐かしさを感じ。

思い切って、
声をかけてくれた
相手の気持ちを考慮して。

 

とりあえず、
想い出を
壊さない程度に。

やんわり
軌道修正をしてあげる。


①よく似てるって言われます


②僕も先日同級生に
 似た人がいまして


③でも声かけれませんでしたもんね


④いつか会えるといいですね


⑤その時はまた声をかけてあげてください


⑥ステキな思い出を大切に


という手順を踏んで。


自分に
似ているであろう。

彼女の高校の
同級生を想像しながら。


駅のホームで
いつもより
ちょっと甘めの
コーヒーを飲む。