読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただの日常、タダの呟き

誰にも活力を与えない脱力系ブログ


ヒトゴミ。


これが昔から
あまり得意ではない。

傍から見れば、
自分もヒトゴミという
括りの一部なのだが……。

どうして
やっぱり苦手だ。


こういう場面に
遭遇した場合は。


まず自分より
体格のいい人を探す。


んでもって。


その人の頼もしい
背中を見ながら
付いていくに限る。


すると…。


人とヒトとの
隙間を探して歩く
思考を使わなくていい。


肩がぶつかる
心配もないし。


気まずい雰囲気に
支配されなくてもイイ。


前を歩く人が、
風除けの働きをし。
空気抵抗が減り。


歩速が上がり、
気分もラクちんだ。


ただ。


その人が
自分と同じ方向に
行くかの判断は。


かなり経験を
積まないと…。


見極めが、難しい。


ちなみに今日は、
その判断を誤った日。


……とココで一句。


気が付けば
用もないのに
ドラッグストア。