読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただの日常、タダの呟き

誰にも活力を与えない脱力系ブログ

 

妹みたいな友人の話。

“大動脈炎症候群”

こういう病気の
名前を知ったのは。

4年前の話。

耳鳴り、立ちくらみ、失神。

そんな症状が
頻繁に起きる
原因不明の難病。

通勤前の自宅で、
突然意識が無くなり、
救急車で運ばれて…。

そのまま1年の
寝たきり状態に。

様々な病院で
治療を施し、
体調も安定しない
毎日が続いたらしい。

投与した薬の
副作用で顔が
パンパンに膨れ上がり。

アンパンマンみたいでしょ」

と笑って見せる、
彼女の笑顔が
少しだけ痛々しかった。

入退院の末、
去年から病状は回復し、
働けるまでに元気になった。

昨日……。

そんな彼女の
結婚式に招待された。

天気予報は雨。

もちろん当日も
土砂降りの、
やっぱ雨。

神様も
意地悪だよな~と、
思いつつ。

駅前ホテルの
最上階で、
披露宴はスタート。

この年になると、
大抵の演出にも
まー慣れたもので。

大した
感情の揺れもない。

だろうと、
思っていた……。

純白の
ドレスを纏った
一人の女性が……。

父親であろう
男性に連れられて、
入場して来た時。

あまりにも
その佇まいが
綺麗すぎて。

涙が止まらなかった。

なぜか嘘みたいに
その瞬間だけ
意地悪な
雨も止んで。

窓から差し込む
太陽の光が
彼女を照らす。

死にたい、
死にたいと……。

泣きながら
電話してきた
彼女の過去の
言葉がなぜか頭を過ぎり。

感情が溢れ、
涙を抑える事が
できなかった。

今まで見てきた
どんな花嫁よりも
心底美しいと思った。

本当に綺麗だった。

どうか……
末永くお幸せに。

ステキな一日を
ありがとう。