読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただの日常、タダの呟き

誰にも活力を与えない脱力系ブログ

セキユズリ

 

僕は席を譲ることに関しては、
誰にも引けを取らない。

 

公園のベンチ、
バスや電車内のシート、
待合室の椅子・・・・・・・。

 

今まで誰一人として
僕の『席ユズリ』を
断ったものはいない。

 

やがて…。

 

その噂は広がり
全国のツワモノどもが

僕に挑んできたが、
すべて敗れ去った。

 

そして今日。

 

遂に僕は
『席ユズラレナイ』
チャンピンオンと対戦した。

 

チャンピオンの名前は、
バカニスルナ=
オレハソンナトシジャナイヨ。

 

無口で、偏狭で、
頑固、僕がもっとも
苦手とするタイプだ。

 

戦いは長時間にも及んだ。

僕:「ど~ぞ、ど~ぞ」
(あらかじめ用意しておいた満面の笑み)

彼:「・・・・・・・」    
(迷惑そうな表情)

僕:「さっさっ、おかけになって」
(敬意を払い右手を差し出す)

彼:「・・・・・・・」   
(完璧無視)

僕は焦った、
せつないため息をもらし、
大きく息を吸った。

いままでの
やり方では勝てない、

そう悟った僕は・・・・・。
懐からピアニカを取り出し、゙
エーデルワイズを奏でた。

軽快なメロディに、
彼は表情が緩み、
体を揺すり、
口笛を吹きだした。


「♪♪~~♪♪♪~~♪~!!!」


突然、
僕は演奏を止めた。

その瞬間、
長い戦いは終わり、
勝利は僕の手に。

人々は
惜しみない拍手を送り、
僕を賛美した。

僕は席を
譲ることに関しては、
誰にも負ける気がしない。

 

 

 

▼こんなブログに付き合って頂き感謝致します
ランキングに参加していますが
押すとこんなブログが上位にいきます

ブログランキング・にほんブログ村へ